小型船舶免許をとって自分に自信を持とう

自分には何も取り柄がないとして、自信を喪失している人がいます。しかし誰しも何か得意分野や、好きなことが必ずあるはずなのです。好きなことをとことん突き詰めて、継続したりやっていくことが自信となり人に誇れることになるんです。例えば遊びでもレジャーでもなんでもよいです。

何も勉強や国家資格をたくさん持っているから偉いというものでもありません。そしてそれを自分で心から楽しんでやっていることが、何よりもその人の人生を充実させるわけなのです。例えば海で遊ぶこと、海のレジャーが好きであれば、とことんそれを楽しんで継続していけばいいのです。単に泳ぐだけ、ダイビングのツアーに参加するだけではなく、自分でダイビングスポットまで小型船を操縦士行くことができたらもっと楽しくなることでしょう。

小型船の操縦には小型船舶免許が必用になります。非常に難易度の高い免許と思われがちですが、決してそうではありません。小型船舶免許を取得するには、教習所のような指定された学校に通い所定の実技と学科を受講することになります。特殊であるか1級か2級かで学科や実技の受講時間は変わります。

学校で所定時間実技と学科を受講してしまえば、国家試験免除で小型船舶免許を交付してもらうことができるんです。ただし免許取得には年齢制限があるのです。1級は満18歳以上、2級と特殊は満16歳以上であることが必要絶対条件になっているのです。この夏は小型船舶免許に挑戦し、自信を持ちましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です