小型船舶免許の種類と取得のメリット

船舶免許は名前のように、船などの特定の乗り物の操縦が認められる免許ですから、取得すると海に出て活動できる大きなメリットが得られます。船舶免許にはいくつかの種類がありますが、特殊小型船舶はいわゆるジェットスキーに乗るのに必要で、免許があると約3.7Kmの海域まで出て活動することが可能となります。ジェットスキーと水上オートバイもこの免許が必須で、同じ船舶免許でも他の等級では操縦が認められないので注意が必要です。ちなみに特殊小型船舶の免許取得は難易度が低く、早ければ2日で免許を自分のものとすることができます。

国家試験が免除される教室であれば、教習を受けることで資格が得られますし、特殊小型船舶は15歳9ヶ月以上で取得できますかあr、興味を持ったら早くから挑戦可能です。船舶免許のうち、2級は海岸から約9km離れた範囲まで操縦が可能になり、モーターボートを楽しんだり船釣りができるようになります。海に出て海岸付近で釣りをしたい、そういう人にまさにうってつけですし、マリンレジャーを楽しむなら持っておいて損はないと思われます。1級の小型船舶免許は、航行の区域に制限がない、最も活動範囲が広がるトップクラスの免許です。

海岸から100海里を超える航行は、動力船だと別の資格を持つ機関長の乗船が必要ですが、そうでなければ制限なく海に出られます。小型船やヨットにクルーザーも操縦できるので、これ1つでかなり自慢できること間違いなしです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です