小型船舶免許の種類について

小型船舶免許は、外部エンジンが付いている船舶を操船するために必要な免許であり、マリンレジャーを楽しむうえでも必要になってくるもののひとつとなっています。小型船舶免許は、自動車免許と同じく種類が分かれているのが特徴で、その取得もそこまで難しくはないという点でも同様と言えるでしょう。まず水上バイクやジェットスキーを操船するためには特殊小型船舶免許が必要で、所有する年齢制限は15歳以上からとなっています。講義や実習を含めても1日と半日で手にすることができるため、ほぼ誰でも獲得できる免許と言えるでしょう。

一方で航行に関する制限は厳しく、岸から2海里以上離れて航行することは不可能で、乗れる船舶の種類も少ないのが特徴です。次に2級小型船舶免許がありますが、マリンレジャー施設で働いているスタッフなどはほとんどこの2級以上を所有しています。20総トン未満の外部動力付きの船舶を操船でき、航行制限も5海里まで制限が緩和されます。そのためこの免許が最も一般的なものと言えるでしょう。

最後に1級小型船舶免許がありますが、最大の特徴は航行制限が実質解除され無制限になるのが特徴です。総トン数は2級と同じく20トン未満となりますが、どこでも航行できるということで利便性は最も高い免許となっています。一方で、100海里を超えるかたちで航行する場合は、エンジントラブルに備えて船舶エンジニアに同行してもらう必要はあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です