小型船舶免許の取得のポイント

小型船舶免許を初めて取得したいときには、ボート教習所を利用して学科や実技を学ぶのがおすすめです。講習を行っている教習所では、国家試験が免除されるコースが用意されていることもあります。これは車の免許を取るときと同じように、学科試験や実技試験を受けなくても小型船舶免許を取得できるのが良いところです。わざわざ別日に国家試験を受けに出かける必要がないので負担が少ないですし、慣れた環境で緊張せずに修了審査が受けられるのも魅力です。

若者が小型船舶免許を取得する場合には、年齢制限に注意しておく必要があるでしょう。なぜなら取得可能な年齢がそれぞれ定められているからです。年齢は免許の種類によって異なっています。例えば航行区域に制限のない1級小型船舶操縦士免許の場合は18歳以上、2級の場合は16歳以上の人が取得可能です。

水上オートバイに乗るための特殊小型船舶操縦士免許も16歳からとなっています。若い世代の人だけでなく、中高年も小型船舶免許を取得することはもちろん可能です。ただし中高年に限ったことではありませんが視力や色覚、聴力などに一定の基準があることは知っておきたいところです。小型船舶免許を取得したら、様々な機会に活用することができるでしょう。

免許の使用頻度は人それぞれですが、趣味の場合には気候の良い時期のレジャーに役立てることが多いかも知れません。ゴールデンウィークや夏休みをはじめ、家族や友人が集まる機会にも役立ちます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です