引っ越しをしたら小型船舶免許の登録変更も忘れずに

小型船舶免許を持つ人は、引っ越しをしたら速やかに小型船舶免許の登録事項の変更手続きを行いましょう。窓口は新規取得時や更新時と同じく最寄りの運輸局で、指定の書類を出して受理されれば、変更内容が反映された新しい免許証が交付されます。小型船舶免許の登録事項変更手続きで必要となるものは、登録事項訂正申請書、個人番号の記載のない住民票の写し、手数料納付書、所持している小型船舶免許証の4点です。申請書には写真の貼り付け欄があるので、パスポート用サイズの写真1枚をのりなどをつかって貼ります。

住民票の写しは市区町村役場の窓口で交付請求を行えば手に入れることができますが、氏名や本籍地の変更を同時に行う場合は本籍の記載のあるものが必要です。納付書には変更手続きの手数料に相当する1250円分の収入印紙を貼り付けます。免許証を紛失などで提出できない場合は、公的機関発行の身分証明書と無くした事実を証明する書類を用意します。紛失の証明となるものには、滅失てん末書や警察発行の遺失物届出証明書などがあります。

訂正申請書は、運輸局の窓口に備え置かれているものを使用します。窓口では手数料納付書と滅失てん末書も配布されていますが、これらについては窓口へ行かなくても手に入れることができます。国交省のWebサイト内に様式がPDF形式でアップロードされており、ファイルを開いて適当な大きさの用紙に印刷すれば、提出用の書類として利用することが可能です。小型船舶免許のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です