小型船舶免許に関しての知識

小型船舶免許は、操縦可能な水面の範囲と船の種類によって、一級小型船舶操縦士と二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士に分かれます。免許の取得には船舶職員及び小型船舶操縦者法に基づき定められていますが、この法律は国内のみで有効な法律で小型船舶免許に関しては国際的な取り決めが無いのが現状です。国ごとの免許制度になっていて、国によっては、免許すら無い所も存在します。日本で取得した免許は海外では使用できません。

小型船舶免許の受験と免許取得には身体検査が行われます。年齢制限もかけられているので、受験の際の年齢ははっきりと記載しましょう。一級小型船舶操縦士は、最高単位の資格です。操縦可能な水面も無制限なので、ヨットで世界一周も出来ます。

二級小型船舶操縦士は、近場のレジャー等を楽しむのに適しています。沿岸で釣りを楽しんだり、湖での釣りやウェイクボードも出来ます。操縦範囲は、沿岸から約9kmまでの範囲と決められています。18歳未満は5トンまでですが、これを超えると申請は要りません。

乗れるボートの大きさの制限も無く、次回の免許更新時にも申請の必要がありません。湖や川限定を操縦出来る免許もあります。無制限でどこまでもいける一級が人気有るので、受験の際には何処まで乗って行くかを考えておきましょう。体力勝負な資格なので普段からの体調管理は欠かせません。

旅客船を操縦するには別の特別資格が必要です。それぞれの違いを考えて受験しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です