小型船舶免許を取って憧れの海上挙式をしよう

日本ではリゾートに行って結婚式をなさる方が多く、沖縄県では毎年本土から数多くのカップルが訪れています。結婚式場でも華やかな演出をなさるケースも多く、昨今ではカップルが自分たちで考えたとびっきりのサプライズ挙式をする場合もあるほどです。そのなかのひとつに海上挙式というものがあり、若い世代の間で支持をされるようになりました。その場合、必ず小型船舶免許が必要でわざわざ新郎はスクールに通われる方もいます。

ここでは簡単に、小型船舶免許を駆使した海上でおこなう式の概要を見ていきます。まず小型船舶免許を所持することで、自分で船舶を運転することが可能です。10トンまでのクルーザーを自在に操縦をすることができ、20名程度の人々を同乗をさせて沖合にいけます。アメリカでは16歳からでも所持ができますが、日本では18歳以上で普通乗用車と同じ規定となります。

小型船舶免許は船を買うだけでなく、レンタルをする場合でも免許証を提示しないといけません。沖縄県や石垣島ではリース会社がたくさんあり、観光客も利用をすることが可能です。一般的な結婚式ではなく、一生の思い出に残るものにしたい場合、沖合に出て夕日や朝日を背景にした式もいいものです。ハワイでもこの方法を使うことができ、思い出深いものとなります。

なお、スクールにいくには約60万円ほどの費用が必要で、必ず年1回は免許証の更新と事務手続きの申請をしなくてはいけないものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です