小型船舶免許の種類について

小型船舶免許は、四種類あります。一級小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士免許、特殊小型船舶操縦士免許です。車やバイクの免許の種類は、サイズや排気量で区別された免許証ですが、小型船舶免許はおおまかに操船場所と陸岸からの距離で判断されます。自分がどのように船舶を操縦するのか使用するのか、適した免許を取得する必要があります。

一級小型船舶操縦士免許は最高峰の船舶免許で、全ての水域でプレジャーボートを操船できる船舶免許です。海図を使用してチャートワークを行ったり、バインダーや三角定規を使用して航行位置、時間、距離等を計測する講習を受けます。最も難易度が高いですが、航海を目標としている場合は必須です。二級小型船舶操縦士免許はマリンプレイやクルージングをやってみたい方におすすめの小型船舶免許です。

沿岸区域では20トン未満の船舶という制限があります。小型船舶免許をまずとってみたいという入門編です。二級小型船舶操縦士免許は、湖や川に出たい方が取得します。海には出られませんが、湖と川には出られるためハードルがとても低いです。

また、試験がなく講習だけですので取りやすいです。他にも特殊小型船舶操縦士免許は、水上バイク専門の免許となります。水上バイクに乗ってみたい方は必須の免許なので学科もあり実技試験もあります。16歳以上から取得できる免許なので海で遊ぶのが好きな方には人気の免許です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です