小型船舶免許の取得にかかる費用

小型船舶免許を取得するには身体検査と、学科および実技の試験を突破しなければなりません。身体検査を含めて、1日で全ての項目を行うのが一般的です。視力0.5以上など、自動車運転免許に合格しているのであれば身体検査に関しては対した難関にはならないです。そのため実質合格を左右するのは、学科と実技の試験となります。

小型船舶免許の取得はスクールに通うか、独学でパスするかの二択です。免許取得のための費用は、どちらを選択するかで大きく変わってきます。独学の場合は申請手数料やテキスト代を含めて4万円前後で、スクールに通う場合は6万円前後は必要です。なおこれは二級の価格であり、一級の場合はスクールによって細かい額は異なりますがここからさらに3~4万円ほど上乗せすることになります。

加えて国家試験を免除するコースを選んだ場合、追加で3万円ほど費用がかかる場合が多いです。ただスクールで講義と実技の授業を受けて、修了試験を受ければ難関である国家試験が免除されるためほぼ確実に取得できるのがメリットです。学科は独学が可能ですが、実技は講習を受けないと厳しいためスクールに通って受験する人が多い傾向にあります。自動車運転免許の教習所と同様に、小型船舶免許のスクールでもキャンペーンや学割などの割引サービスを行っていることが多いので事前にチェックしておきましょう。

大抵のスクールでは学科を2~3日、実技の講習を1~2日受けてからテストへと臨むという短期スケジュールが一般的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です