小型船舶免許について

小型船舶免許は車の免許のように車のサイズや排気量で区別されるわけではありません。小型船舶免許の場合は、船舶を操縦する水面の範囲や船の大きさによって区別されています。小型船舶免許には四種類あります。一級小型船舶操縦士・二級小型船舶操縦士(湖川専門)・特殊小型船舶操縦士です。

一級小型船舶操縦士は海域が無制限でヨットなどで航海をすることもできます。船の大きさは20トンまたは24m未満とされ水上オートバイクを操縦することはできません。最難関で最高峰の船舶免許となります。二級小型船舶操縦士は、海岸から5海里の距離の水面の操縦が可能です。

釣りやクルージングなどを目的として免許を取得する方が多くいます。こちらも水上オートバイクを操縦することは不可能です。船の大きさは一級と同じです。二級小型船舶操縦士には湖と川を専門とした水面で船舶を操縦する免許があります。

湖と川限定で船の大きさは5トン未満の制限があります。特殊小型船舶操縦士は、水上オートバイク専用で16歳から免許を取得することが可能です。最近は、免許を取得する上で学科をオンラインで受講することが可能になっている教習所があります。学科以外には身体検査で視力色覚張力、疾病及び身体機能の障害の有無をテストします。

もちろん実技試験もあり学科と実技試験の療法を合格したら、免許を取得できます。現在所持免許の上級の免許を取得する時は、受験科目の学科が免除されることもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です