小型船舶免許の制度とは

日本では、エンジンが付いているボートを操縦する場合は、一級小型船舶操縦免許または二級小型船舶操縦免許証取得していなければ操縦することはできません。他には、水上オートバイを操縦するなら特殊小型船舶操縦免許を取得する必要があります。船長として乗船するなら、必ず小型船舶免許を有します。水上オートバイを操縦できる特殊小型船舶操縦免許は水上オートバイ限定の免許です。

小型船舶の定義は総トン数20トン未満の船舶で一人で操縦を行う構造で長さは24m未満、レジャーや釣りで用いられる場合を小型船舶といいます。ただし、総トン数20トン以上でもプレジャーボートなら小型船舶に含まれます。目的が、漁船や客を乗せる旅客船に用いられる場合は小型船舶に含まれません。小型船舶免許には大きく3種類に分けられています。

一級は海域がに制限がありませんが二級は海岸から約9km以内の推移域での活動と制限されています。二級の中には湖川出力限定免許があり、湖川の水面での活動目的の免許です。免許不要の船舶もあります。長さが3m未満で約2馬力未満のエンジン、すぐにプロペラの回転を停止することができる船舶という規定があります。

試験は一級は18歳以上、他の小型船舶免許は16歳以上で受験することができます。学科と実技の教習を修了し、かつ国家試験またはそれと同等の試験に合格すれば免許証が交付されます。他には身体検査もあります。車の教習所と同じような流れで、民間の教習所を利用するのか独学で勉強をして国家試験を受験するのか自分で選択することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です