小型船舶免許のメリット

小型船舶免許にはいくつかの種類があり、出航できる距離海岸からの距離や船舶の大きさ、操縦できる場所等に区分がありそれによって免許の種類も分かれています。海岸からの距離が無制限でボート免許トップクラスの一級免許、海岸からの距離が9kmまでの制限がある二級免許。それに加えて水上オートバイ専用の特殊免許、湖や川での操縦を行う二級(湖川)があります。それぞれの免許に特色があるため、自身の目的や趣味によって取得する小型船舶免許の種類を選ぶのが良いでしょう。

アクティビティとして水上オートバイを運転し楽しみたいといった方は特殊免許を、川や湖で釣りを楽しみたい方は二級(湖川)の免許を取得するのが良いといったように種類によって目的がはっきり分かれています。小型船舶免許は国家資格であり、取得するととても楽しいアクティビティや趣味を興じることができるようになります。しかし学科試験に実技試験を受験し、合格する必要があります。先にも述べた通り小型船舶免許はどの種類も国家資格であり、事前に学科試験の勉強であったり、実技試験に向けた講習を受ける必要があります。

船舶免許を取得するための施設は日本各地にあるので、釣りや船舶を用いた旅行、水上オートバイのような趣味を楽しむためにも小型船舶免許の取得を考えてみてはいかがでしょうか。持っていて無駄になることは無く、自分の楽しみが増えるこの免許メリットが多くあると思いませんか小型船舶免許のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です