なぜ合宿免許だと教習期間を短くできるのか

合宿免許というシステムを利用して車の教習を受けると、教習にかかる期間をかなり短くすることができます。なぜなぜ合宿免許だと教習期間を短くできるのかというと、時間割を合宿免許の生徒が効率よく教習を受けることができるようにな組んだり、路上教習に使用する車の割り当てを合宿免許の生徒に優先的に割り振るといったことを行うからです。このことによって、生徒は効率よく集中的に教習を消化していくことができるのです。教習のほとんどは難しいものではありません。

そのことは、車の教習を受ける人のほとんどが卒業をすることができているということからも明らかです。とすれば、教習期間を短くするためには、いかに効率よく教習を受けることができるかにかかってきます。実際に教習を受けるとわかることですが、この効率よく教習を受けるというのはかなり難しいことで、この教習を優先的に受けるようにしないとなかなか教習は終わらないものです。それは、ある意味では合宿免許の生徒を優先的に時間割などが組まれているからともいえるかもしれません。

いつくるかわからない生徒のことを考えた時間割というのは、とても組めるものではありませんから、必ず出席してくれる生徒のほうで時間割が組まれるのは当然といえるかもしれません。合宿という名前がついているので、スパルタの教育とも勘違いする人もいるかもしれませんが、郷愁の内容も量も普通の教習と全く同じですので、あとはいかに消化をするかにかかってくるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です