コピー機はリースがおすすめ

コピー機を設置したいとと考えているなら、リースを利用してみませんか。

直接購入する場合には資産になるというメリットがありますが専用のインクを自分で用意したり、トラブルがあった場合に対応できるようメカニックが必要になるというデメリットがあります。その点リースなら初期費用がかからないだけではなく、経費扱いが出来るのでお得です。レンタルよりも毎月の支払い金額が比較的安いほか、減価償却や固定資産税が発生せずに新品の最新機種を導入することができます。

コピー機のリースが利用できるのは、基本的に法人のみとなっています。通常利用期間は5年~7年ほどで、サービスを提供している会社にもよりますが中途解約が出来ない点には注意が必要です。コピー機リースの方法は、主に月間使用枚数や金額からプランを選ぶ形になります。複合機かコピー機のみかなどによっても金額が変わってきますので、自分の会社にあったものを探してみて下さい。

コピー機リースを行っている会社は、インターネットを利用すればすぐに見つける事ができます。カウンター保守契約がある会社であれば、毎月印刷した枚数分の使用料がかかる代わりに修理費やトナー代が無料になります。一枚あたりの印刷に単価が設けられているので、普段の使用量よりも大量に印刷すると思わぬ費用がかかる点には注意が必要です。比較的月間印刷枚数が多いほど、ランニングコストが安く抑えることが出来ますので大量に印刷する会社に特におすすめの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *