コピー機は購入かリースか、それともレンタルか

オフィスには欠かせないコピー機ですが、導入方法には「購入」「リース」「レンタル」などの方法が考えられます。

一体どの方法で導入するのが良いのでしょうか。一番の判断基準になるのが、利用期間でしょう。コピー機をどれぐらいのスパンで使うかにより、導入方法は自ずと決まってくると言っても過言ではありません。まず、利用期間は特に決まっておらず、壊れるまでずっと使い続けるというつもりなら、購入した方がいいかもしれません。なんといっても、この3つの方法の中で購入するのがおそらく一番トータルコストを低くできるからです。

壊れるまで使う気はないけれど、3年以上はコピー機を使い続けるというような場合はリースがいいかもしれません。コストは購入よりは高くなりますが、莫大な初期費用がかかりませんし、毎月の支払額も固定なので、コストの把握がしやすいです。また、リース料金は全額経費として扱えるというメリットもあります。

それから、所有権はあくまでもリース会社にあるため、こちら側で減価償却処理をする必要がありませんし、固定資産税も発生しません。3年以下程度の短期の利用の場合は、レンタルが向いているかもしれません。レンタルなら1日から利用できるところもあるので、短期間だけ事務所を開設するというような場合にも便利でしょう。また、レンタルは審査もないですし、途中で解約すすることもできるので、とにかく小回りがききます。ただ、コストは一番割高になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *