コピー機リースの注意

コピー機リースの注意ですが、まずこれは個人の日常的な利用目的ではまず利用できませんから気を付ける必要があります。

コピー機に限らず、リースというのは基本的に会社など法人組織に対して適用されるもので、個人事業主に対しても適用されるケースはあるものの、個人での事業ではなく単なる日常利用では適用されません。また、契約前には審査があります。金融機関から融資を受けるような場合と比較すれば相当に緩いものの、審査に通らないケースももちろん考えられ、その場合はいくらこちらが利用したくても利用できません。また、利用したいコピー機はこちらがしっかりと指定するのが基本です。

リース会社のおすすめはどれかと聞けばもちろん答えてくれるでしょうし、良きに計らえという態度も別に悪いとまでは言いませんが、基本的な姿勢としてはよろしくありません。というのも、リースというのはこちらが指定した機種を借りるという契約形態だからです。

そして、契約期間が事前に定められており、その期間中の中途解約は原則としてできないということは覚えておきましょう。もちろん世の中何が起こるかなかなか分からず、継続すると思っていた事業が途中で打ち切りになったりすることも現実には起こるでしょうが、リースを中途で打ち切る場合には違約金というか、契約期間の残りの部分についての代金を一括して支払わなければなりません。そのことを頭に入れて利用する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *