コピー機リースのメリット

コピー機をリースするメリットですが、これはいくつかあります。

初期費用が少なくて済むということや月々のリース代は経費として計上することができ、その分だけ節税になります。これはコピー機を購入する場合と比較すれば明らかでしょう。購入するとなると最初に大きな費用がかかります。もちろんそれも経費になると言えばなるわけですが、とくに会社を立ち上げたばかりの時期などはそもそもそれだけのまとまった費用をコピー機のために用意するということも大変かもしれません。少しのお金であっても本来の事業運営のために使いたいと考えるのが自然なことだからです。

また、購入した場合はそれが会社の資産として扱われます。減価償却などの手続きが必要になり、これは煩雑な処理を要するかもしれません。リースの場合はあくまで借り物なのですから会社の資産とはならず、手続き面でも簡略化されることが期待できます。一方、リースの場合は事前に取り決めた一定の期間にわたってずっと借り続けることが大前提になっています。

その期間の途中で、もう要らなくなったから契約を終了してコピー機は引き取って欲しいという要望は原則として通りません。どうしてもという場合でも、契約期間満了までに相当するお金は全額精算しなければならない決まりです。そのため、ある程度先々のことをしっかりと考えた上で契約を結ぶ必要があります。先のことは分からないという場合は短期的なレンタルのほうが良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *