コピー機をリース契約する利点

コピー機を導入するのにリース契約をする会社は少なくありません。

この契約には色々なメリットがあるからです。まず、毎月の料金を経費扱いできるということがあげられるでしょう。購入した場合は、減価償却費として計上できる分しか損金に算入することはできません。購入金額をまるごと経費にすることはできないのです。しかし、リース料金は、すべてを経費扱いすることができるというメリットがあります。また、毎月の支払い料金は固定されるので、毎月どれだけのコストが発生しているのかを把握しやすいのも利点でしょう。

それから、コピー機のリース契約は所有権はこちら側にはないので、減価償却や固定資産税が生じないというメリットもあります。減価償却や固定資産税が生じるとなると、いろいろと事務手続きが面倒になり大変ですが、その煩わしい問題から解放されます。レンタルとの違いがよく分からないという人が多いですが、リースは最新の新品を導入できる点が違います。

レンタルでは旧型の中古品しか借りることができません。また、コストもレンタルより安いですし、初期費用がかからないというメリットもあります。こう言うと、リースの方が圧倒的に良さそうに思えますが、途中解約ができなかったり、審査が必要だったり等のデメリットも存在します。コピー機をどちらで導入するかは、結局のところ使用期間で判断することになります。使用期間が短い場合はレンタルで借りた方がいい場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *