コピー機をリースするという事

コピー機をリースするというのは企業においては非常に良い選択肢となります。

購入するのと比べるといろいろなメリットがあるからです。例えば初期費用が抑えられます。購入するとその分の代金を全額用意しないといけませんが、リースであれば月々の代金を支払うだけで済みますので、特に企業の立ち上げ時期など資金的に厳しい時期には助かります。ただ、コピー機を購入するケースであっても例えばクレジットカードの分割払いなどを活用すれば月々の支払いを抑えることも可能ではありますから、これはあまり強調することではないかもしれません。

ですが、経理の上でのメリットは明らかに違ってきます。購入した場合は会社の資産になるわけですから減価償却などの処理が必要になります。一方でコピー機のリースの場合は、所有権は自分の会社にはないわけですから資産にはならず、その分だけ経理処理も簡単になります。もちろん毎月の代金は経費として計上することが可能です。

また、契約期間が満了すればリース会社に返却し、また新しい機種を使えるというのもメリットです。コピー機のようなOA機器は技術革新が激しいでしょうから、定期的に最新の機種を利用できるというのはありがたい点でしょう。確かに全体的な支出という面だけを見れば購入したほうが安く済むかもしれませんが、経理処理とか税金という面まで考慮に入れれば購入ではなくリースには大きなメリットがあるケースのほうが多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *