コピー機のリース契約が終了した際の選択肢

コピー機のリース契約は通常、3年~6年程度で実施されます。

その契約期間が終了した場合、再リースする、返却して最新の機種で新しく契約する、買い取るの3つの選択肢が見られます。それぞれの特徴を把握しておくことで、損のない選択を行いましょう。まずは再リースする場合のメリットやデメリットについてまとめます。この選択を行うメリットは、一般的に今までの価格の12分の1程度の価格で引き続きコピー機を利用することができる点です。1ヶ月分の価格で1年間利用することが可能な点は、一見魅力的にも思えます。

ただし、契約期間中にリース会社はしっかりと元金や利益を回収しているため、決して利用者が得をしているわけではないと捉えることも可能です。続いて返却して最新の機種で再契約する方法については、これが最も現実的な方法と言えます。通常、契約期間が終了する頃には、コピー機は新しい機能を搭載したり、よりコストパフォーマンスが良い機種が登場しています。古い機種から入れ替えることで業務の効率化を図れたり、コストを削減できるといったメリットを享受できる可能性が高くなります。

ただし、古い機種の搬出や新機種の搬入コストが発生するデメリットが存在します。最後の買い取るという選択肢は、所有権を獲得できるという意味では大きなメリットとなります。壊れるまで使用することができますし、コストを削減することにもつながります。しかし、買い取りを可能としているリース会社が意外に少ないことや、その頃にはもっと良いコピー機が登場していることも理解しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *