コピー機のリース契約の審査をパスするには

コピー機をリースするメリットは、固定資産税が発生せず費用は必要経費に計上できること、新しい機種を手頃な価格で設置できること、基本的にメンテナンスもアウトソーシングできることなどが挙げられます。

しかし、通常は審査をパスしなければ利用することができないサービスとなっています。通常、リース契約は3年以上の長期間にわたる契約関係となります。その間の料金が不払いになる可能性はないかを確認するために、審査が実施されます。では、コピー機のリース契約の際に実施される審査に通りやすい条件は何かと言いますと、ズバリ、今後数年間にわたって安定した経営が行われることです。

過去3年以上において、黒字経営しているような株式会社であれば、原則として問題なく審査に通過することでしょう。仮に新規設立の会社や個人事業主であったとしても、十分な手持ち資金や安定した収益が期待できるような状況であれば、原則として通過できます。ただし、法人のみを対象としているサービス提供会社も少なくない点は理解しておくべきです。

また、言うまでもありませんが反社会的勢力と関わりがあったり、不正行為を行っていることが疑われるような会社や団体に対しては、コピー機の貸し出しが行われる可能性はありません。なぜなら、リース会社はこのような不審な会社と関わって信用を失ってしまうことを非常に恐れているからです。以上をまとめると、基本的には会社の経営状況が安定しており、まっとうな事業で正しく利益を生み出している、あるいは生み出せる見込みがある会社や個人事業主と判断されれば、原則として審査は通過することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *