コピー機をリースした時のメリット・デメリット

コピー機をリースでオフィスに導入しようとお考えの方はいませんか。

その他にも、レンタルで導入する場合や買取りで導入する場合も考えられます。リースした時のメリット・デメリットをしっかり把握した上で、どれを選択すべきかを検討した方が良いでしょう。メリットとしては、リース料金は経費扱いにすることができ、月額料金が使用量などによらず固定されているので、ランニングコストを把握しやすくなります。また、所有権はリース会社にあるので、減価償却の手続きや固定資産税の支払いといった面倒な事務作業が不要です。

初期費用がかからないので、コピー機を導入する際、気軽に開始できるのも良い点です。新品の最新機種を導入できるところも嬉しいです。反対にデメリットとしては、途中解約できない点があげられます。契約途中に不要となっても料金を払い続ける必要があるため、途中解約が発生する可能性がある場合は注意が必要です。また、契約の際、リース会社の審査が必要となります。中古のコピー機には適用できないところもデメリットと言えます。利用シーンによっては、レンタルの方が良い場合もあります。判断基準としては、利用期間で考えると良いと言われています。

3年以内ならレンタルの方が良いとされています。費用を比較する場合、つい月額料金にばかり目がいきがちです。しかし、初期費用を含めたトータル費用に注意する必要があります。利用期間を加味することも忘れないで下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *