コピー機をリース導入して使おう

自社などにコピー機を導入するにあたってリースか購入か、あるいはレンタルか迷うかもしれません。

リース契約するメリットはまとまった購入資金が要らないところなどです。毎月一定の料金の支払いだけでいいこともメリットです。その分を運転資金に充て利益を出すことができます。支払いを経費で処理することができる点も魅力です。認められた期間内なら全額を経費処理することができます。また法定耐用年数より短い期間で契約すれば減価償却の作業は不要です。税金面の魅力もあります。

リース導入したコピー機は固定資産ではないため、その税金がかかりません。税金の申告や納付の手続きは面倒なものですが、それを行う必要ありません。技術が日進月歩の今日、導入したコピー機はすぐ陳腐化してしまいます。リース契約すれば常に最新の優れたコピー機を使うことができます。陳腐化を防げるということです。

コスト意識を徹底できることもメリットかもしれません。コストは毎月の支払い料金という形で把握することができます。環境に関連する法律に対応することができるところもメリットでしょう。廃棄物処理、また薬事における法律にも契約している会社側が対処してくれるため、環境関連の法律を気にする必要はないです。中途解約は原則できませんが、5年契約も可能ですし、まとまった資金がない時などはリース導入しましょう。その審査に関しては銀行の借り入れ審査と違って簡略化されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *