コピー機のリース契約には大きなメリットがあります

多くの会社にはコピー機や複合機が設置され、業務に必要な書類の作成などに利用されています。

完全にペーパーレス化を果たしている会社でも1台は設置し、業務の何らかの支援をしていることが多いです。しかしコピー機は購入すると高価ですから、多くの場合、レンタルかリースで導入を考えることでしょう。レンタルは数週間ほどの使用ではメリットがありますが、年単位で運営する会社の業務を考えるとリースが一般的です。

この契約はコピー機を利用する会社に代わって専門会社が購入し、一定の期間にわたって製品の貸借を行なうものになります。購入するより安価で導入できるメリットがある反面、契約期間満了までに支払う料金は、購入金額を上回ることがほとんどです。ある意味コピー機の分割払いを行なっているとも言えます。しかし他にさまざまな面でメリットがあり、購入すると財産扱いとなるところが経費扱いで処理でき、所有権もリース会社にありますので減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどがありません。

また初期費用が抑えられますから、その費用を会社の運転資金に回せるメリットも大きいでしょう。さらに火災や盗難があった場合でも補償が受けられ、契約満了時の撤去費用の負担もありません。加えてリース契約は総合的な支払い金額は一括購入より上回ってしまうとは言え、月々の料金は安価で、機種変更もしやすいと言えます。これは毎年のように新しい技術が投入されたものが登場する世界においては大きなメリットと言え、コピー機のリース契約を行なうことは、業務を効率化する最新テクノロジーを常に使えますから、その恩恵は多大だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *