コピー機をリースする際の注意点あれこれ

オフィスなどで使用するコピー機は新品で購入することを考えると高価ですから、リースを考えることも多いでしょう。

レンタルと混同しがちですが、定義としては「顧客に代わってリース会社がコピー機を購入し、一定の期間リース料を受取りながらコピー機を貸借すること」になります。そのため火災や盗難などに遭ったとしても、保険の適用で修理や新しい機器への交換が可能です。

料金の多くは性能によって決まることが多く、印刷速度のスピードの速いものは高額となる傾向があります。1分間でどれくらいの印刷ができるかによって料金が異なりますから、頻繁に利用するならハイスペックのものを、そうでもない部署で使用するなら標準スペックのものをなど、使用状況によってコピー機のリースを選択するとコストを抑えられます。

当然ですがカラーかモノクロかによっても料金は異なります。カラーを多く印刷するなら高くなりますから、印刷は白黒で十分という場合はモノクロのものを選択すると安価にできます。また印刷した分だけ上がるカウンターも気にしたい部分で、カウンター数に応じトナー代・修理費用・出張費・部品代などの定期メンテナンス代が異なります。リースは契約期間が満了になっても再契約を行うことが可能で、使い慣れたものを継続して使用できるメリットがありますが、使用や経年による劣化が進行していることにも注意したい点になります。加えて修理しないとならない場合、保守パーツがないといった不都合が生じる可能性があります。更にはコピー機本体が壊れていなくても、年々更新されていくコンピューターのソフトに対応できない可能性もあり得ますので、その点も踏まえて再契約を行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *