コピー機のリースは利用状況に応じて選択

新しく事務所を開いたりした際には、コピー機や複合機を準備する必要があります。

その場合には、リース・レンタル・一括購入の中から契約方法を選択する必要があります。どの方法にもメリットやデメリットがありますので、利用状況に応じて選択することが大切です。資金的に余裕があれば、コピー機を一括で購入する方法が最もお得です。分割手数料なども必要有りませんので、最も安く契約することが可能です。

しかし事務所を開くとなると、他にも何かと費用負担が発生しますので、出来るだけ負担を抑えながら準備する必要があるケースも多いです。その場合は、リースかレンタルを選択することになります。どちらも月々の支払が発生しますので、似ているサービスと認識しがちですが、サービス内容は明確に異なりますので違いを認識しておくことが大切です。リースは直接コピー機を購入するのではなく、リース会社がベンダーから購入した物を利用することになります。

その為、契約期間中はもちろん契約満了後も原則的にコピー機の所有権を持つことは出来ません。また途中で解約することも出来ませんので、もし不要になった場合でも契約金額を全額支払わなければいけません。一方、メリットとしては、最新機種を利用出来るという点があります。レンタルの場合は、レンタル会社が所有している機種でなければ利用することが出来ませんので、必ずしも希望の機種を借りられる訳ではありません。また、月額料金に関しては基本的にリース費用の方がレンタル費用よりも抑えることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *