コピー機をリース契約することのメリットとデメリット

現在、コピー機のような高額な機器は、リース契約によって導入されることが一般的となっています。

これは、専門の業者が機器を購入し、それを有料で貸し出すというものです。この契約の最大のメリットは、例えばコピー機の場合であれば、それを購入するのが利用者ではなく貸し出す側であるため、利用者は購入用の資金を用意する必要がないということが挙げられます。さらに、月々の料金を経費として計上することができるなど、特に経済面において、様々なメリットがあります。 なお、かつては、コピー機の所有権が貸し出す側にあるため、利用者は、減価償却費や固定資産税を考慮しなくても良いというメリットもありました。しかし、2008年からは、リース会計基準の改正により、このメリットは受けられなくなっています。

現在のところは、法の定める中小企業に該当するであれば、従来通りのメリットを受けることができますが、これについても見直しが進められているため、注意が必要となります。 一方、デメリットとしては、リース契約には利子が上乗せされるため、総合的に見た場合は、機器を購入した方が安くなるという点が挙げられます。

しかし、前述のように、まとまった購入資金を用意することを考慮すると、多少高くなっても、月々に一定額を払っていく方が、会社の負担は少なくなります。 また、中途解約をしようとすると、罰金などのペナルティがある点、所有権が貸し出す側にあるため、契約を更新しなければ、機器を利用できなくなる点などもデメリットと言えますが、総合的に見た場合は、やはりメリットの方が大きく、それゆえに、今日において一般化されているシステムであると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *