コピー機をリースで導入するメリット

会社で使うコピー機は購入したほうがいいのか、それともリースにしたほうがいいのか。

どちらがいいか迷ってる方もおられるかもしれません。これについて考え方はいろいろありますが、手続き上の面倒が少なくなるのはリースのほうです。例えば、減価償却や固定資産税の支払いなどについて考えてみてください。もしコピー機を購入すれば、所有は会社のものになるので、買ったコピー機について減価償却しなければなりません。そうなれば帳簿にもちゃんとそのことを記載しなければなりませんし、固定資産税についても自分で手続きして支払いをしなければなりません。

こうしたことは事務上の手続きを煩雑にさせる要因であり、この点ではコピー機を購入することはデメリットであるといえます。また、会社を立ち上げたばかりでまだ豊富な資金がない場合も、コピー機のリースにしたほうがいいでしょう。なぜなら購入ではなくレンタルすることによって、初期費用0円で機器を入手することができるからです。

もちろん所有はレンタル会社にありますが、購入した場合と同じようにちゃんとフルに使うことができます。さらに、月額料金が固定化されているので、維持費にどのぐらいかかっているかが早くしやすいというメリットもあります。経費はどんぶり勘定になってはならないので、この点も見過ごせない利点でしょう。ただし、所有権がないため、突然回収されても文句はいえませんし、転売されてしまう可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *