コピー機をリースにするメリットとデメリット

オフィスで使用するコピー機や複合機をリースにしている企業も多いと思います。

ではその場合のメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか。まずはコピー機をリースにすると月々の利用料を経費にすることが出来ます。月額料金が固定されている場合は、月々の経費を把握しやすくなるという利点もあります。購入してしまうと高額な商品のため、固定資産税が発生したり、償却資産の処理が発生したりして面倒くさいのですが、その手の処理はリース会社が行ってくれるので便利です。

初期費用が0円で利用出来るのも大きなメリットになります。個人事業主など、事業を開始した際などには、なるべく初期費用を安くおさえたいものです。逆にデメリットは途中解約をすることが出来ません。たとえば複数台コピー機を借りていて、1台使わないから経費の無駄だなと思っても契約期間は解約をすることが出来ませんので注意が必要です。また面倒くさい経理の処理はしないですむものの所有権は自社にはないのもデメリットのひとつになります。

契約期間が過ぎてしまうと、有無を言わさず会社に引き上げられてしまう可能性があるのです。もちろん契約上、そんなことは起こってはいけないのですが、そうされても文句が言えない状況ということを理解しておくことが大事です。借りていることを忘れたりして、勝手に転売などをしてしまうと、契約違反で訴えられて大変なことになるのでそれも注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *