リースによるコピー機の活用方法とは

コピー機をリースで利用することには、幾つかの利点があります。

ペーパーレスの時代とはいえ、まだまだ紙の書類は必要になります。その傾向が続くとみて長期に渡りコピー機を使用するのであれば、断然レンタルよりお得です。ランニングコストを見ると費用を抑えることができるわけですが、かと言って購入するとなれば多額の現金が必要となります。また、部署が増えるごとにその費用も増すことになり、月々の少ない支払いで済むリースはお得となります。

また、その時に最新となる機能性に優れた機種を自由に選ぶことができるのも、大きな利点となります。その上にコピー機を所有するわけではないので、固定資産税といった固定費も不要となります。さらに、情報セキュリティに関しての重要度増してくる中で、派遣社員の雇用も増える中でコピー機におけるセキュリティ管理も課題となってきます。そのような場合にも、最適な管理が行える機種を選択することもできるわけです。一方でリースを利用する上でどうしても課題となるのが、メンテナンス契約をどうするかということです。

多くはカウンター料金を採用することにより、大量にコピーを必要とするとメンテナンス費用もそれに応じて増加することになります。そこで、あらかじめ多量のコピー枚数を想定した定額制のメンテナンス費用を支払うことにより、割引料金で手入れをしてもらうこともできるようになります。このような工夫によって、お得に利用することができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *