コピー機のリースの特徴について

オフィスでは必須とも言えるコピー機ですが、リースとレンタルと使用するスタイルが分かれます。

リースの場合には、まず新品のコピー機を選ぶことができる特徴があります。その運用の仕方とは、コピー枚数ごとに保守のための料金が加算されるシステムがほとんどとなります。コピー枚数が増えるごとに、当然ながら機械の不調となる可能性は高まってきます。それに対してのメンテナンス費用というわけです。

けれどもそのカウンター料金を定額にするサービスも多く見られます。毎月大量に印刷することが決まっているのであれば、お得になるシステムとなります。また、コピー機はペーパーレスが進む中でも便利に活用することができます。スキャナ機能を持たせることによって、コピー機本体にデータを蓄積することもできることによって、スタッフ同士でデータを共有することも可能となります。コピー機のリースという形態を取ることによって手軽な料金で、このような様々な機能を活用することができるわけです。

ランニングコストとしては、まず印刷枚数ごとに決まるカウンター料金に加え、トナー代や用紙代などが必要となります。カウンター料金の定額制に関しては、そのシステムは業者によって異なるので事前のチェックが必要となります。ペーパーレスが進んでいるとはいえ、まだまだ紙の需要は多いことから、便利に活用できるためにも料金体制など少しでもお得に利用する方法も検討することは必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *