コピー機をリースで使用すると便利

コピー機をリースするとその機器の面倒をすべて見てくれることが多いです。

例えば事務所を移転する際にもコピー機の運搬や設置もおこなってくれることが多いです。またリースしているコピー機の調子が悪い際には、コピー機本体についているトラブルがあった際の連絡先に電話して機器番号を伝えることで、修理担当を手配してくれます。修理にかかる費用については、毎月支払っているリース料金に含まれていたり、別途支払っている保守メンテナンス料金でまかなうことができます。

一般に購入した場合には、トラブルが発生した場合のために別途保守契約をしたり、保守契約をしていない場合には依頼した都度に支払いが発生することになります。また修理の場合の多くが人件費がほとんどで万円単位になることもあります。そのように、設置後の保守やトラブルが発生した場合のことをトータルで考えた場合には、リース契約で対応した方が結果的にリーズナブルになることが多いです。

また機器を使用しているとインクがなくなったり、ドラム交換の時期になったりすることもありますが、都度管理して購入手続きをしなくてもいいようにリース契約では、予め予備備品を届けておいてくれるためになくなった際には使用者側で交換して、また交換が必要になった情報は自動的にコピー機の業者に連絡がいくことになり、交換した後に新たに予備備品を届けて使用済のものを回収してくれるために別途管理をすることが必要なく便利なしくみになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *