コピー機をリースすることのメリットとデメリット

事務所に必要なコピー機ですが、用意するにはいくつかの方法があります。

短期間のみの使用が目的の場合はレンタルがお薦めです。必要な期間のみ借りることが出来ますので短期間の使用ではレンタルが最も利便性が高いです。これからずっと使い続けるのでしたらリースか購入という選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、コスト面などを考えて選択することが大切です。リースとはリース会社が顧客の選んだコピー機をベンダーから購入して、その購入したコピー機を顧客へ貸与するサービスのことです。

顧客側のメリットとしては購入する場合よりも初期費用を抑えられることがあります。コピー機が必要な時は新しく事務所を開いた場合などが想定されますが、その様な時は出来るだけ無駄な出費は避けたいです。その様な時に初期費用を抑えることが出来ますのでリースは大変助かるサービスです。また毎月の使用料を経費計上するのみで、固定資産税や減価償却などの事務処理負担が必要ありません。しかしリースを利用する際には気を付けなければいけない点もありますので、事前に確認しておく必要があります。

中途解約が出来ませんので、例えコピー機が不用になったとしても残債は支払わなければなりません。また契約期間が満了しても基本的に所有権の移転が無いため、使い続けるには再度契約を結ぶなどの手続きが必要となってしまいます。総支払額に関しても現金で支払った場合よりも高額になることを認識しておかなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *